不動産名義変更をスムーズに進捗させる方法はありますか?

不動産名義変更を円滑にすすめるには、最初から専門家に依頼するしか方法がありません。

こじれないうちに早めの依頼を行ないましょう。

概略をお話ししてみます。

●遺産相続でもめるのは当たり前と言って良いほど。

たとえば居住用の家や土地の単体ではなく、複数の不動産を故人が所有していた場合には、それだけ法定相続人の数が増えて、もめ事が起る確率が増えます。

そうではなくて比較的大きな不動産の場合でも起こり得ます。

基本的には「遺産分割協議書」を作成して法定相続人全員の了解を得られれば不動産名義変更の手続きは完結できます。

それが叶わない場合は弁護士や司法書士に依頼して、事の収束をはかる必要があります。

●経験者を介して弁護士や司法書士に依頼する。

弁護士や司法書士はネットで検索してもすぐに見つけられます。

できれば過去に不動産名義変更を行なった経験のある人から紹介してもらうと良いでしょう。

ケースによって依頼費用は異なりますが、司法書士に支払う報酬などは、実費を含めてもたいした金額ではありません。

法定相続人の合意が得られないと、不動産名義変更自体が棚上げになってしまうこともあります。

●不動産名義変更の手続きは普通でも難解なものです。

トラブルの予兆があるときは、早めに専門家に依頼しましょう。

不動産名義変更は、抵当権の抹消登記などがあるため、だいたいの人は司法書士にお願いして手続きの円滑化を図ります。

報酬と実費をあわせても、対象となる不動産が単体なら数万円で済む事例がほとんどです。