不動産名義変更が終わる前に新しい不動産を購入することは可能?

不動産名義変更はどんな場合に必要になるのでしょうか。

通常は財産分与とか贈与、売却に絡むときです。

その辺の区分けについてお話ししておきます。

●名義変更とは関係なくいくつでも所有できる。

結論から言ってしまえば、不動産名義変更の手続きと、新しい不動産を購入するのとは別問題なので支障はありません。

ただし、故人の名義であった不動産を売却して、それを新たな不動産の購入資金に充当する場合は、その対象物件に対する不動産名義変更が必要になります。

基本的に不動産名義変更をしないままでも違法ではありませんが、もちつづけるのではなく売却する場合は、不動産名義変更が必須となります。

●不動産名義変更が必要になる場合とは。

不動産名義変更は、法定相続人が財産分与を望んだ場合や、今回のように、もしも売却して資金に充当するといった場合には、それを先に行なわないと計画はすすみません。

充当できる自己資金がいくらあるかで、銀行の融資額も違ってくるからです。

さらに言えば、査定額の違いで融資額も違ってきます。

売却するなら土地の価格が上昇している時期を狙って不動産名義変更をすすめましょう。

●不動産は誰の名義でいくつ所有しても、手続きに違法性がなければ大丈夫です。

不動産名義変更が必要になるのは売却時です。

故人が所有していた不動産の名義変更が必要になるのは、売却を前提としたときです。

司法書士事務所か弁護士事務所を訪ねて、間違えのないよう手続きをすすめましょう。

知り合いに紹介してもらうことをおすすめしますが、ネットでも簡単に検索できます。